8.効果測定と検証

ビジネス年賀状ドットコム
TOPビジネス販促年賀状INDEX > 8.効果測定と検証

8.効果測定と検証

試行錯誤した者だけが栄冠を勝ち取る

集客さえ出来れば良い…
だけでは最終的に大きな宝をつかむ事が出来ない。
どんなに優れた販促担当者でも企画マンでも百発百中はあり得ない。
常に結果から仮説を立て、ひとつひとつ障壁を取り除きながら、次の企画へと進む事で、人の何倍もの効果を得る事が可能になる。
年賀状は元々反応率が高い媒体だ。集客効果を高める事は最終的に大きな差になって跳ね返ってくる。

成功の法則に魔法はない

うまくいかなかった場合も、失敗した理由がわかれば、次に成功する確率は飛躍的に高まる。
販促年賀状は年に1度の大きなチャンス。次回にビッグチャンスをつかむ為にも、可能ならば2〜3種類のテストをしてみるのもひとつの手だろう。これで3年分の手間を短縮出来る。
効果検証が出来ないために原則ハガキ持参とすることは必須となる。検証結果は数値で示さなければ意味がない。その為に来店・来場は必ず数をカウントし、可能であれば住所氏名まで取得したい。

←前へ