5.お店・企業の顧客が増えるリピート促進年賀状

ビジネス年賀状ドットコム
TOPビジネス販促年賀状INDEX > 5.お店・企業の顧客が増えるリピート促進年賀状

5.お店・企業の顧客が増えるリピート促進年賀状

休眠顧客、既存顧客に対する顧客特典を打ち出し、
リピーターや優良顧客へと昇華させる為に年賀状を使って、
顧客数を増加させる事を目的とする販促方法。

通常はリストの質に大きく依存するが、年賀状媒体の特質のため、顧客の拒絶感は少ない。
ご愛顧感謝の挨拶とともにさりげなく特典を打ち出す年賀状が理想的だ。
反応率を高め、精度を上げるためには検証結果の取得は欠かせない。
一度だけでなく、どのパターンやどのオファーが一番効果が高いかを見極め、次に活かす、PDCAサイクルを回す必要がある。

►誠実に挨拶を繰り返す

リピート促進年賀状は一気に効果がでる劇薬やカンフル剤ではないが、じわじわ効いてくる。
確認率が極めて高いため、友人から来る年賀状のように来るたびに思い出す。後はそっと背中を押すだけで、通常では考えられないほどの効果を得る事が可能になる。
誠実に挨拶を繰り返す。たったこれだけの事でどんな企画もかなわない効果を得る。これがリピート促進年賀状だ。

►宛名に顧客番号を入れる

顧客リストからの年賀状の場合、必ず仮の番号で良いので顧客番号を付けて、宛先に顧客番号を打ち込むようしたい。
これは年賀状を持参した時に、顧客番号を読み取り、顧客を特定するためだ。
まさか年賀状をコピーする訳にはいかない。例え、手書きでも番号を控える事が出来るだろう。
メンバーズカードがあるならば、年賀状と同時にカードを提出してもらいそのバーコードを読み取るだけで良いだろう。
ここで新規顧客開拓年賀状と同様に年賀状に特典を消化した印を入れる。重複して特典を渡さない為と特典の信頼性の為である。

►恒例企画に落とし込む

期待値をもって、毎年新年の恒例であると顧客が認識すれば大成功といえるだろう。
但し、二度、三度、反応がないからと言って安易にリストから外さないようにしたい。その年に反応しなくても、次の年に反応する事もある。顧客は非常にきまぐれだ。

←前へ     次へ→